市民と法

大論公論

 より良い紛争解決のために
 公益社団法人民間総合調停センター理事長 吉野孝義

【論説/解説】

・AI社会における司法書士業務は ...

市民と法

大論公論

 インターネット上の人権侵害に対する救済手続
 法務省人権擁護局調査救済課長 杉浦直紀

【論説/解説】

・民事信託支援業務のため ...

市民と法

大論公論

 緊急事態下における裁判手続のあり方――IT化促進の必要性――
 日本大学教授 杉本純子

【論説/解説】

・国民目線で考える裁判 ...

市民と法

大論公論

 「国家の撤退」・規制緩和と法律専門家の役割
 獨協大学教授 小柳春一郎

【論説/解説】

・信託管理人・信託監督人・受益者代理人 ...

市民と法

大論公論

 人のために生きる司法書士――情熱をもった、使命の実践者として――
 全国青年司法書士協議会会長 川上真吾

【論説/解説】

・遺 ...

市民と法

大論公論

 民事調停制度の活用
 東京地方裁判所所長代行者・東京簡易裁判所司法行政事務掌理裁判官 梅本圭一郎

【論説/解説】

・民法の成年 ...

市民と法

大論公論

 土地家屋調査士として意識変革のとき
 日本土地家屋調査士会連合会会長 國吉 正和

【論説/解説】

・デジタル遺品の相続実務と生 ...

市民と法

大論公論

 「つばさ」を手に入れた司法書士への負託
 日本司法書士会連合会副会長 里村美喜夫

【論説/解説】

・共有制度見直しに関する訴訟 ...

市民と法

大論公論

 司法書士代理人に期待すること
 大阪高等裁判所部総括判事 田中敦

【論説/解説】

・デジタル手続法は司法書士実務をどう変えるか ...

市民と法

大論公論

 所有者不明土地対策の本格化
 法務省民事局民事第二課長 村松秀樹

【論説/解説】

・フランス公証人職の未来
 パリ第1 ...